エドヴァルド・ムンク

(1863年-1944年)

エドヴァルド・ムンクは、ノルウェーの出身で「叫び」が代表作。「私の芸術は自己告白である」と、語っているように、彼の悲哀に満ちたドラマティックな生涯を反映した情緒的でありながら熱狂的な作品の数々は、見るものに強い感動や衝撃を与える。

- 広告募集中 -

心癒して中北 利男
00:00 / 10:48