グスタフ・クリムト

(1862年 - 1918年)

グスタフ・クリムトはオーストリアを代表する画家、ウィーン分離派の創設者である。中心となるモチーフは女性の身体で、率直なエロティシズム表現が特徴である。独特な装飾的な表現は多くの画家に影響を与えた。クリムトが最も影響を受けたのは日本画の手法である。

- 広告募集中 -

星の涙中北 利男
00:00 / 11:48